男性の肌ケアの常識非常識

男性の乾燥肌対策に。化粧水を使うときの注意点は?

 

男性のスキンケアと聞いて、

 

真っ先に思い浮かぶのが「洗顔」です。

 

 

 

 

「小中高のときに洗顔をはじめた」

 

という男性も多いと思います。

 

 

 

その後に「実は洗顔だけじゃダメ」ということを学んでくるのですが、

 

その中で基本とも言えるのが 『化粧水』 です。

 

 

 

今回は

 

【男性の化粧水】 

 

について、利用方法と注意点を見ていきましょう。

 

 

 

なぜ化粧水が必要なのか?

 

男の肌は乾燥しやすいです。

 

肌は洗顔後からすぐに水分の蒸発が始まっていきます。

 

 

でも、化粧水を付けたからといって

 

肌が潤ってくれるわけではありません。

 

 

化粧水を付けて、乳液やクリームでバリア・保護をすることにより、

 

蒸発を防ぎ、化粧水の水分を閉じ込めてくれるのです。

 

 

 

化粧水は、
たくさんつければいいわけではありません。

 

 

男性の乾燥肌対策に。化粧水を使うときの注意点は?

 

化粧水の成分は「ほぼ水」です。

 

長くプールやお風呂に入ったときに指先がふやけてしまうことがあります。

 

同様に、大量に水分を肌に含ませると、

 

同じようなことが起こりえます。

 

 

 

 

 

そこで大切なのが、正しい化粧水の付け方をマスターすることです。

 

 

 

正しい化粧水の使い方

 

 

まずは化粧水の基本的な使い方を知っておきましょう。

 

 

基本に忠実に、しっかり丁寧に塗ることがスキンケアの第一歩です。

 

 

 

 

1.洗顔後は、清潔なタオルで優しく拭く

 

洗顔してすすいだ後は、肌はとてもデリケートな状態です。

 

水分をふき取ろうとして、ごしごしタオルで拭いてしまうと、
肌を傷めてしまいます。

 

そっと水分を吸わせるようなイメージで、優しく拭きましょう。

 

 

2.適量を手に取る

 

「商品に記載されている量」を、手に取ります。

 

 →多ければいいだろうというのは誤りです。
  もちろん少なくてもいけません。

 

 

 

3.手のひらに広げる

 

手に取った化粧水を

 

両方の手のひら、指先まで全体にひろげます。

 

 

4.肌になじませていきます

 

顔の中心から外側に向かって、化粧水をなじませていきます。

 

 

 

髪の生え際や、顔のキワは意外と塗り忘れがちですので、
指でしっかりと塗っていきます。

 

最後に、

 

手のひらを肌に密着させるようにして両手で覆い、塗りムラをなくします。

 

 →よくCMで女性が顔をゆっくりと覆っているイメージで。

page top